ADHDのサプリ

発達障害やADHDという言葉が一般的に知られるようになってきて、「自分の子がADHDじゃないか?」と思い悩んでいませんか?

ADHDを疑いつつも病院に連れて行くには抵抗があったり、また病院に連れていきたくてもどこに連れていけばいいのか、専門施設はあるのかと考え出すとキリがなく結局なんの変化も得られない、なんてことも。

そのため、まずは副作用の心配がなくてADHDに効果が期待できるサプリメントからはじめてみようと思う親御さんも多いです。

ここでは、ADHDサプリの中でも、子供用のサプリとして発達障害やADHDへの効果が最も期待されている注目の成分が配合されているサプリについて紹介します。

子供が安心・安全に飲めて効果も期待できるADHDサプリはコレ!

ADHDのサプリメントは数あれど、子供向けサプリとなるとその数はぐっと減ってしまいます。

大人が飲むサプリは粒も大きく子供だと喉に引っかかったりするため大きさによっては危険を伴いますよね。

そんなADHDのサプリの中でも子供用として成分はもちろん、形状や味にまでこだわってくれているのは、ずばりコドミンです!

このコドミンは、ADHDや発達障害への効果に最も注目されているホスファチジルセリンが主成分になっています。

1粒に100mgのホスファチジルセリンを配合し、子供のADHDに必要と言われる1日200mgをたった2粒で摂取することができます。

大豆から抽出しているため医薬品のような副作用はなく、子供にも安心して必要量を飲ませることができます

ADHDのサプリに配合されている成分の中でもこのホスファチジルセリンは近所のドラッグストアでも見かけることが少なく、見かけたとしても1粒あたりの配合量が少ないためたくさん飲ませなくてはいけません。

しかもそれらのサプリメントは子供向けではないのが通例です。

その点、コドミンは嬉しいポイントのひとつにラムネ味ということが挙げられます。

とかく子供は薬を飲むことを嫌がりますが、コドミンの場合ラムネ味ということもあり「サプリを飲む」というよりは「ラムネを食べる」という感覚で摂取することができるのです。

これなら薬が嫌いな小さな子供でも嫌がらずに飲ませることができますよね。

またコドミンは薬ではなくあくまでもサプリメントなので、継続して飲ませることが効果へと直結し、公式サイトにも書かれているように最低3ヶ月は飲ませ続けることが効果を実感することができる大きなポイントとなっています。

「嫌がらずに飲ませることができる」ということが長期間飲み続けられる最大のコツとなり、コドミンの効果を感じられる要素ともなるわけです。

ADHDの子供向けサプリがほとんど見られない今、たくさんのママたちに支持されているのがコドミンなのです。

↓↓↓

コドミンはどこで買えるの?お得に買う方法は?

それではこのコドミン、どこで購入することができるのでしょうか?

コドミンはドラッグストアで市販はされておらず、Amazonか公式サイトから購入することができます。

どこで購入するかによってそれぞれメリットとデメリットがありますので比較してみましょう。


Amazonの場合

価格:8,980円

メリット:単品購入することができるので、まず1ヶ月試すことが可能

デメリット:継続するとコストが高くなる


公式サイト定期購入の場合

価格:初回89%オフの980円

メリット:購入特典がたくさんある

  • 2~4回めは3,000円オフの5,980円で購入できる
  • 5回目以降は5,000円オフの3,980円で購入できる
  • 送料・決済手数料無料
  • 定期周期を自由に変更できる
  • 60日間返金保証つき

デメリット:3回の継続(初回+3回)が必要


このように、購入先によって、それぞれにメリット・デメリットはあります。

では、一体どちらで買ったほうが良いのか。

それは、コドミンをどれくらい継続して飲むかを考えれば答えが出ます。

では、3ヶ月分のコストで比較した場合で、それぞれの価格を計算してみましょう。

【コドミンを3ヶ月継続購入した場合の価格比較】

・Amazonの場合  8,980円×3ヶ月=2万6,940円

・公式サイトの場合 初回980円+5,980円×2ヶ月=1万1,960円

このように3ヶ月で比較すると、公式サイトで購入した方がAmazonと比べると1万円近くの差が出ることになります。

また、公式サイトでも公式サイトでも書かれていますが、効果の目安となる期間が3ヶ月とされています。

効果については後ほど詳しく説明しますが、コドミンは継続して飲み続けることで効果が期待できるサプリです。

そのため、3ヶ月以上を継続する事を考えるなら、Amazonよりも公式サイトで定期購入を利用するのが断然お得であることがお分かり頂けるでしょう。

ただし、公式サイトのみで実施されている初回980円というキャンペーンは期間限定です。

いつまで続くか分かりませんので、お見逃しなく!

>>コドミン初回89%オフは期間限定!

ADHDのサプリに使用されている主な成分と効果

ADHDのサプリには一般的にどのような成分が含まれていて、どのような効果が期待できるのでしょうか?

ADHDは神経発達症のひとつと言われていて、多動性、不注意、衝動性などの症状が主な特徴です。

ADHDの原因は未だ解明されていないことが多く諸説がありますが、一般的に脳の代謝活性が低下していたり、情報伝達がスムーズでないことが分かっています。

日本ではADHDという言葉よりも、まだ「発達障害」と一括りにされる事が多いですが、発育段階の子供だけではなく、大人になってからも発症するケースもあります。

こうしたADHDの症状を緩和、改善するためにADHDサプリには脳を活性化させたり、情報伝達をスムーズにする作用の成分が配合されています。

では具体的にADHDのサプリにはどのような成分が配合されているのかを見ていきましょう。

◆DHA(ドコサヘキサエン酸)

青魚に豊富に含まれているDHAは消化吸収を経て記憶力や学習能力を司る脳の海馬に集められるため、脳の活動を活性化させる重要な成分とされています。

以前DHAが流行った時に「頭が良くなるサプリメント」という謳い文句があったと記憶していますが、これはDHAに脳を活性化させる作用があるためです。

魚に含まれる水銀等の問題で魚をたくさん食べることに抵抗がある場合はサプリメントで補うと良いでしょう。

また過去に消費者庁が行った「食の機能性評価モデル」事業でDHAは「乳児の成育、行動、視覚発達補助」で6段階評価の「B評価=機能性について肯定的な根拠がある」とされていることから効果があると評価されています。

◆イチョウ葉エキス

認知症に効果があると言われているイチョウ葉エキスには脳内の血流を促す効果があります。

脳の前頭前野の血流が不足していると言われているADHDに対してもその血流改善効果で、症状を緩和させることができると言われています。

日本では食品として簡単に手に入るイチョウ葉エキスですが、海外では医薬品として扱われている国もあります。

◆チロシン

脳内物質のひとつであるドーパミンを生成するアミノ酸の一種であるチロシンは気力やモチベーションをアップさせるのに最適な成分のひとつです。

ドーパミンやノルアドレナリンのような興奮系の神経伝達物質の生成に深く関わるアミノ酸であるため、飲む人を選びます。

即効性が高く、飲めば10分ほどでその効果を感じることができますが耐性がつきやすいため常用することはできません。

ここ一番という時だけに使用するのが望ましいと言えます。

◆トリプトファン

トリプトファンもチロシンと同じく、体内で生成することができないアミノ酸の一種です。

トリプトファンは体内でセロトニンやメラトニンに代謝され、これらはリラックス効果など神経の興奮を抑制する働きを持っています。

しかしトリプトファンは肉、魚、豆、種子、ナッツ、豆乳や乳製品などに多く含まれるため、食事からの補給も十分に可能です。

◆ホスファチジルセリン

DHAやイチョウ葉エキスに次ぐ第三のブレインフードと呼ばれ今、最も注目されているのがホスファチジルセリンです。

以前は牛の脳から抽出していましたが狂牛病などの感染性疾患が伝染する可能性があるため、今日では大豆からの抽出が確立されています。

原料が大豆という植物性原料のため、副作用がほぼ起こらないという利点があります。

大豆以外の食品では、動物の脳や肉、特に内臓に多く含まれていますが野菜や乳製品にはごくわずかなホスファチジルセリンしか含まれていません。

このホスファチジルセリンは、ADHDの改善を目的とするならば1日あたり200mgを摂取する必要がありこの量を大豆に換算すると約6.6キロとなります。

さすがに大の大人でも6.6キロの大豆を毎日食べ続けることは困難になりますのでサプリメントで代替することになります。

ホスファチジルセリンは脳のリン脂質の20%を占めていることから、以前より認知症や認知機能障害の研究に応用されてきました。

そのパワーとして脳の細胞膜を柔らかくすることで情報伝達をスムーズにする作用があり、ADHDへの効果を認める臨床研究が数多く出されています。

1日200mgのホスファチジルセリンを2ヶ月間補給された子供のADHD症状に有意な改善が見られたという臨床研究も存在します。

現在は数種類のホスファチジルセリンサプリが販売されていますが、それぞれ1粒辺りの含有量が違うためできるだけ効率よく1日200mgのホスファチジルセリンが採れるようなサプリを選ぶことが大切です。

このようにADHDに有効と言われる成分と言っても、実にさまざまなものがある事がお分かりいただけると思います。

現在、この成分の中で、子供に対するADHDの改善効果の研究結果が出ているのは「ホスファチジルセリン」です。

このホスファチジルセリンが主成分となっているサプリがコドミンなのです。

↓↓↓

病院におけるADHD治療の現状

ADHDと診断された場合、治療へと移行していくことになりますが、ADHDの治療法は大きく2つに分けることができます。

それが「療育」と「薬物療法」です。

大人であれば殆どの場合、療育と並行して薬物療法となりますがこれが小さな子供の場合はADHDの重症度にもよりますが、「ADHDかもしれない」というはっきりとしない段階では、まずは療育のみでスタートすることが多いです。

また、ADHDの治療薬は現在2種類しか承認されておらず、どちらも6歳未満の子供への安全性・有効性は認められていない状況で、その中の1種類は脳の中枢神経に作用するお薬です。

大人のADHDならある程度許容できるかもしれませんが、子供への投薬となると尻込みしてしまうような作用と副作用が存在するのが現状です。

そのため、子供のADHDで病院を受診するなら、これらの医薬品の効果と副作用をしっかりと知った上で担当医と相談する必要があるのです。

ADHDの治療薬の効果と副作用について

では病院で処方される医薬品にはどのようなものがあって具体的にどのような効果や副作用があるのでしょうか。

現在ADHDの治療薬である2種類の薬について1つずつ見ていきましょう。

ストラテラ

ストラテラは脳の前頭前野に多く存在する神経伝達物質であるノルアドレナリンを活性化させる働きがあります。

ノルアドレナリンを活性化することで落ち着きを取り戻し、注意力を高めてくれる効果があります。

元は抗うつ剤として開発された薬で、添付文書には「6歳未満の幼児に対する有効性及び安全性は確立していません」と記載されています。

即効性はなく薬効が現れるまで2週間ほどかかり、6~8週間で効果が安定します。

ひとたび薬効が現れればその効果は24時間継続します。

主な副作用は小児を対象とした臨床試験では、

頭痛(22.3%)、食欲減退(18.3%)、傾眠(14.0%)、腹痛(12.2%)、悪心(9.7%)

と、75%以上の子供に副作用が確認されました。

重篤な副作用として肝機能障害、アナフィラキシーショックが挙げられていますが国内での臨床試験では報告されていません。

特にこのストラテラは抗うつ剤として開発された背景から自殺念慮の副作用も見受けられ、攻撃性増大の傾向があります。

コンサータ

コンサータは中枢神経を刺激する医薬品で、言葉は悪いですが向精神薬のような覚醒剤と同じ作用を持つ医薬品です。

脳内の神経伝達物質を増加させることで注意力を高め、落ち着きを取り戻したり衝動性を抑える効果があります。

飲めばすぐに効果が現れ始め、その効果は12時間持続します。

小児を対象とした臨床試験で報告された副作用として

食欲減退91例(42.1%)、不眠症40例(18.5%)、体重減少26例(12.0%)、頭痛18例(8.3%)、腹痛12例(5.6%)、悪心12例(5.6%)、チック11例(5.1%)、発熱11例(5.1%)

こちらは、なんと80%以上の確率で副作用の確認が認められました。

コンサータは依存性が少なく、薬剤耐性がないと言われていますが服用者の中には薬剤耐性を感じている人が多いようです。

このように、国内で処方されている医薬品は副作用の出現率が極めて大きく、子供への投薬となると簡単に承諾できるものではありません。

さらに特筆すべきはどちらのお薬も「6歳未満の幼児に対する有効性及び安全性は確立していません」と記載されていることからも分かるように、6歳未満の幼児に対する臨床試験が行われていないのが実情です。

アメリカではADHD治療薬を飲み続けた子供の追跡調査が行われましたが、一旦回復したかのように見えた症状が悪化したり、非行率が高くなったり、低身長・低体重などの症状悪化が報告されています。

このように投薬により現状を打開できるかもしれませんが、今後の子供の生活に影を落とすことになりかねません。

これらのリスクと医薬品の効果をしっかりと理解し、子供の未来を考えるという難しい選択を迫られるのがADHD治療の現状となっています。

医薬品とサプリメント、あなたはどちらを選びますか?

ADHDの認知度があがったことでまた悩むママも増えている昨今、ADHDの子供への治療法や対応も医者任せにしてはいけない事がお分かりになったと思います。

大切な自分の子供だからこそ、親であるあなた自身がしっかりと勉強して知識を得なくてはならないのです。

元来、子供に落ち着きがない、集中力がないのは当たり前。

でも、あまりに他の子と比べるとうちの子供はひどいんじゃないだろうか・・・

ADHDかもしれないと思いはじめるきっかけは、得てして皆同じものです。

明らかな変調があれば、病院という選択肢も一つですが、「そうかもしれない」という段階なら、まずはサプリメントを試してみましょう。

サプリなら医薬品のような副作用を気にすることなく、飲ませることができます。

それでいて、ADHDでなくとも、子供のイライラや落ち着きがないといった症状改善にサプリが役立つケースは非常に多いです。

また、サプリの効果で症状が少しでも治まってくれれば子供にもママにも余裕が出てきます。

ADHDと疑われる症状は、当の本人である子供には、なぜ怒られたり、心配されたりするのかがわかりません。

だからこそ、一方通行で思い悩んでしまうママはどんどん疲れてきます。(パパよりもお腹を痛めて産んだママのほうが明らかに精神的疲労は大きいです)

それだけでなく、やがて子供に八つ当たりしたり、冷たく接してしまったりすることで、子供は「自分は悪い子なんだ」と認識し始めます。

これは、年齢を重ねる度にそうなってきてしまうのです。

こうなってくるとADHDだけでなく、うつ病といった精神疾患の二次障害へ発展するリスクもあります。

何もいたずらに不安を与えているわけではありません。

子供の行動が何かおかしい

これを感じ取れるのは、あなただけです。

そして、これを子供からのサイン(SOS)だと思って、すぐに行動することが大切なのです。

行動の第一歩としてサプリを飲んで症状が改善すれば、それはそれで言うことないですよね。

仮にもし、サプリでも改善が見られなければ病院を受診する、という次の手にうつることができます。

あなたが悩むよりも行動することで、問題の早期発見、早期解決につながる事を理解して、まずは子供用のADHDサプリを飲ませることから今すぐスタートしていきましょう!

>>子供用のADHDサプリ「コドミン」はこちら